先輩社員の声/サーラエナジー株式会社

2011年入社 岡部 晃直(おかべ あきなお) 豊橋事業所 産業グループ エネルギーソリューションチーム 私のファインクオリティ 「エネルギーのプロとして頼られる存在に!! 」

『エネルギーのプロフェッショナルとして、お客さまの事業に寄り添う』

製造業のお客さまを対象に、工場内のボイラーや空調機器などの設備の利用状況を調査・分析し、省エネ・省コストを実現する設備の入れ替えや最適なエネルギーへの転換をご提案しています。工場設備の入れ替えやエネルギーの転換は、お客さまにとって大きな投資となります。そのため、短期的なコストだけではなく、供給の安定性や充実したアフターフォロー、安全かつ効率的な工場の稼動、環境負荷の低減など、お客さまの事業価値向上につながる提案を心がけています。つい最近も、ある大きな工場の熱源を都市ガスへ切り替えていただいたのですが、調査~ご提案~工事~設備稼働という長い期間の中で、お客さまから相談されることが増えていきました。エネルギーのプロフェッショナルとして頼られる存在になれたと実感できたことが自分の自信になりました。

『大切なのはお客さまとの距離感』

エネルギーのプロフェッショナルとして、エネルギーに関する専門的な知識の習得や経験を積むことはもちろんですが、私が大切にしているのはお客さまとの“距離感”です。私がお話しさせていただくのは、工場の責任者や設備を管理する担当者の方々となります。必要な知識や情報をお伝えするとき、電話や資料送付だけで済ますこともできますが、提案・交渉する相手が「人」であることを忘れてはいけません。お客さまがお困りの際、「岡部さんに相談してみよう」と思ってもらえる“距離感”を作ることが重要だと感じています。そのためには、これまでの面会回数・時間、相手の話し方・表情や身振り手振りなどから、状況に応じたコミュニケーションをとることを意識しています。お客さまが必要とする情報を適切に提供しつつ、相手の懐に飛び込む瞬発力や私の特長でもある真面目さをもって、当社に対する信頼だけでなく、私自身を信頼してもらえるように努めています。学生時代や入社したての頃は、こうしたことが得意な方ではありませんでしたが、仕事経験を通じて徐々に自分なりのコミュニケーションと営業スタイルを確立することができました。常に、「会社とともに自分を選んでもらえるように」という気持ちで取り組んでいます。私が築いてきたお客さまとの関係が将来的に実を結び、それが会社と地域の成長につながっていく、そんな未来を創っていきたいですね。

『総合エネルギー企業として、提案の幅を広げたい!』

2019年12月、中部ガスとガステックサービスは合併し、「サーラエナジー」と4つの地域販社「サーラE&L」として新たなスタートを切りました。私の所属している産業用の部門では、これまでも両社が協働しそれぞれの得意分野を活かした営業活動をしてきましたが、サーラエナジーとなり、さらに複合的な営業活動ができる基盤が整ったと感じています。お客さまのご要望にお応えするため、私自身、都市ガスとLPガスをはじめとする様々なエネルギーについて、幅広く、より深い知識を身につけ、総合エネルギー企業として他社では真似できない幅広いご提案ができるように成長していきたいです。