先輩社員の声/株式会社リビングサーラ

2018年入社 小森 裕平(こもり ゆうへい) 浜松事業所 私のファインクオリティ 「お客様一人ひとりにより良い暮らしを提案 」

リビングサーラはサーラプラザ豊橋・浜松を拠点として、サーラグループの中でリフォーム&リノベーションを牽引する会社です。私は営業として、主にサーラプラザへ来場された方やリビングサーラの既存のお客さまへの提案・販売を担当しています。お客さまとの打合せはもちろん、現場によっては設計提案から見積・図面作成、発注、現場管理、など、カーテンや家具・照明も含めた空間全体のコーディネートを行います。
営業の役割は、設計チーム・積算チーム・ビジネスパートナー(工務店様など)がスムーズに仕事が出来るようにリードしていくことです。さらにお客さまとのパイプになり、期待以上のサービスが提供できるよう注意を払っています。あらゆる角度から考えないといけない分、必要な知識も多く大変な事もありますが、その分やりがいの大きな仕事です。責任を持って工事を進め、最後にお客さまがリフォーム・リノベーションをやってよかったと喜んでいただけるのが私たちの一番の喜びです。

お客さまのお悩みはそれぞれ違うため、同じ現場・状況はほとんどありません。それでも築10〜20年くらいであれば、ある程度家の構造など予想がつくのですが、築30〜40年以上の家のなかには「解体してみてびっくり!!」と対応に苦労する事もたくさんあります。お客さまの家を見ていく中で、知らないこともたくさんありますし、それに対応する為には一度会社に持ち帰り「ここはこのようにする方法が良いと思う!」という提案や結論を持っていけるように、営業チームや設計・積算チーム・メーカーさんなどと話し合います。知らないことはたくさんありますが、最初から分かるわけはありません。まずは、徹底的に調べて「知らないことを、知っていることとして経験値を増やしていくこと」が大切だと思っています。丁寧に対応することで、歳が若くてもお客さまから信頼していただけます。

リフォーム・リノベーションは今まで住んでいたところだからこそ、不満が明確です。ただし、大きな不満はすぐに分かっても、小さなところは見落としがちでもあります。そんなかゆい所まで手が届く営業が必要だと思います。たとえば、コンセントの位置一つでも、高さや位置、TV用にするのか、何個コンセントが挿せるようにするのかなど、決めることがたくさんあります。使い勝手によって違いますし、生活を想像できるように身ぶり手ぶりでお伝えしていきます。お客さまの要望に応えるだけではなく、リフォーム・リノベーションをしたからこそ「長い期間でより良い暮らし」をしてほしいですし、それを気づかせてあげることも私たちの役割です。