先輩社員の声/神野建設株式会社

2018年入社 黒柳 雅人(くろやなぎ まさと) 土木部 私のファインクオリティ 「安全第一で現場を管理する 」

私は、建設現場の現場監督として、橋脚補強工事など様々な現場に携わっています。現場監督とは、工事の工程や品質、コストなど様々な点を管理する仕事です。仕事内容は多岐にわたりますが、私が特に大切にしているのは、さまざまな工程が同時並行で進み、さまざまな人が関係する現場を事故なく『安全』に完成・引き渡しまで進めることです。「多分大丈夫だろう」というちょっとした油断から重大な事故に発展してしまうからです。よく『安全第一』と言われますが、決められたルールに則り、確実に工事を進めていくためには、相応の準備と緊張感をもって一つひとつの現場に臨む必要があります。

大きな責任とやりがい

私は現在入社後から現在まで、同じ橋脚補強工事に携わっています。一つの現場に長期間関わることも多いのですが、同じことの繰り返しということはなく、日々新たな経験の連続です。自分の知識や経験だけでは対処しきれない時は、先輩社員や関係会社の方とのコミュニケーションを通じて、一つずつ解決しています。そうした一つひとつの経験の積み重ねが、自身の成長に繋がっていると実感しています。現場には様々な人が出入りし、多くの方と協力して工事を完成させなければなりません。最終的に各工程ごとに設けられた評価基準に応じて、発注者から工事を評価されるのですが、高い評価を得られたときは、大きなやりがいを感じます。

現場の責任者として大切にしていること

仕事をする中で大切にしていることが二つあります。一つ目は「事前準備」です。事前準備を怠ると、スケジュール通りに現場がに進まず、特に後工程にしわ寄せがきてしまします。現場ごとにさまざまな会社や人が関わっているため、一つのトラブルが与える影響は非常に大きいです。入社後、上司や先輩から「事前の準備が現場を制する」といつも言われています。工事全体のことから、作業当日のあらゆる状況を想定し、備えることで、円滑・安全な作業につながると考えています。 二つ目はコミュニケーションです。ある程度の経験を積むと顔馴染みの方も増えますが、現場では初めてお会いする方もいます。一人ひとりとコミュニケーションをきちんとることで、現場をスムーズに進行することができ、現場に携わる方全員が事故なく、安全に仕事をすることができると考えています。

今後の目標

一人前の現場監督して、周囲から信頼される存在になりたいと考えています。今はまだ、上司や先輩のサポートが無くては進めることができないことも多いですが、先輩方が一人で進めている仕事を一人で任せられるまで成長したいです。そのためには、日々知識を蓄え、様々な経験積んでいくことが大切だと考えています。安全・安心して暮らすことができる都市インフラ整備を通じて、地域社会へ貢献したいと考えています。自身が関わった現場が、たくさんの地域の方々に利用される姿を想像しながら、責任とやりがいを持って、日々努力していきたいです。